はら内科医院 内科・内視鏡内科・消化器内科・肝臓内科

MENU

CLOSE

はら内科医院

076-256-3562

内視鏡検査について

胃カメラ・大腸カメラ

現在まで消化器内視鏡専門医、指導医として多くの検査や内視鏡治療に携わってきました。
最新の機器を用いた精度の高い検査により病気の早期発見ができれば早期治療が可能となります。
そのためには楽に検査を受けることにより今後も定期的に検査を受けようと思っていただくことが重要と考えています。
そのため丁寧な検査説明、前処置、内視鏡操作を心がけており、不安や苦痛が強い方は鎮静剤の使用も可能です。

胃カメラ(当日可)

当院では細径内視鏡を導入しており、希望に応じて鼻から(経鼻)でも口から(経口)でも挿入可能です。経鼻内視鏡はオエッとなる嘔吐反射が少ないといわれています。苦痛を最小限にするために配慮しており、希望に応じて鎮静剤の使用も可能です。絶食であれば当日検査も可能です。

▶︎ 経鼻内視鏡について(外部サイト)

大腸カメラ(要予約)

大腸の粘膜を直接観察し、他の検査では検出できない小さな病変を発見することができるため、大腸ポリープやその他の腸疾患の早期発見に非常に有効です。
小さなポリープ(おおむね10mm未満)であればその場で切除することが可能です。苦痛を最小限にするために配慮しており、希望に応じて鎮静剤の使用も可能です。

次のような方にお勧めします

次のような方にお勧めします

  • 血便がある
  • 下痢・便秘など便通異常がある
  • 検診で便潜血反応が陽性
  • 大腸ポリープを切除したことがある

大腸カメラのながれ

  • 前日の準備

    検査前日は繊維質のものを避け、消化の良いものを摂取してください。午後9時以降はなにも食べないでください。検査前日に下剤を服用します。
  • 当日、検査前の準備

    検査当日は早朝から自宅で腸管洗浄液を服用していただきます。排便が透明な液体のみとなったら検査可能です。
  • 内視鏡検査

    希望に応じて鎮静剤を使用することも可能です。ポリープがあればその場で切除することが可能ですが、病変によっては病院での切除をお勧めしています。
  • 終了・帰宅

    鎮静剤を使用した場合はしばらく休んだ後に帰宅していただきます。組織検査があれば後日外来で結果を説明します。

費用について

〈 胃カメラ 〉
  3割負担 2割負担 1割負担
検査のみ 約4,000円 約3,000円 約2,000円
炎症などがあり病理組織検査を
行った場合
9,000〜
12,000円
6,000〜
8,000円
3,000〜
4,000円
〈 大腸カメラ 〉
  3割負担 2割負担 1割負担
検査のみ 約6,000円 約4,000円 約2,000円
炎症などがあり病理組織検査を
行った場合
12,000〜
20,000円
6,000〜
12,000円
3,000〜
6,000円
ポリープを切除 20,000〜
30,000円
13,000〜
20,000円
7,000〜
10,000円

初診の患者さまで内視鏡問診表を記載し来院いただくと、待ち時間が短縮する場合がございます。