はら内科医院 内科・内視鏡内科・消化器内科・肝臓内科

MENU

CLOSE

はら内科医院

076-256-3562

090-9762-1985

脂質異常症

●脂質異常症ってなに?

血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が増えた状態や善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減った状態をいいます。

●コレステロールはなぜ上がるの?

食事で口から取り込まれて小腸から吸収されるものと、肝臓で作られるものがあります。

●悪玉コレステロールや中性脂肪が多くなるとどうなるの?

コレステロールは本来、細胞を形成する成分として必要な物質ですが、必要以上に多い状態が続くと動脈硬化の原因となります。自覚症状がないので、放置しておくと脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因になります。

●LDLコレステロールの基準値は?

脂質異常症や高血圧、糖尿病は動脈硬化の危険因子です。1つだけでも動脈硬化のリスクとなりますが、複数あると心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなります。そのため複数の生活習慣病を持つ人はより低めにする必要があります。

心筋梗塞の既往や糖尿病の有無、年齢や喫煙歴などの状況に応じて、目標とする数値は異なります。LDLコレステロール以外に中性脂肪の管理も重要です。