はら内科医院 内科・内視鏡内科・消化器内科・肝臓内科

MENU

CLOSE

はら内科医院

076-256-3562

090-9762-1985

肺炎球菌ワクチン

●なぜ肺炎予防が大切なの?

①肺炎による死亡者の98%が65歳以上です。
②肺炎は年齢が上がるごとに脂肪のリスクが高まります。
③肺炎は発症後に急激に症状が進むことがあります。

●どうして肺炎になるの?

肺炎の原因となる細菌の多くは体内や日常生活の中に存在しています。高齢だったり、病気があり、免疫力が弱くなった時に感染を起こしやすくなります。

●どのように予防すればいいの?

①細菌やウイルスが体に入らないようにすること
マスク、手洗い、うがい、歯磨き

②免疫力を強化すること
規則正しい生活、禁煙、持病の治療

③予防接種
肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチンなど

●予防接種が重要な理由

肺炎で一番多い原因が肺炎球菌です。これを予防して重症化を防ぐワクチンが肺炎球菌ワクチンです。

またインフルエンザなどのウイルス感染により肺が障害され、免疫が低下すると細菌に感染しやすくなり肺炎を起こします。そのためインフルエンザワクチンでインフルエンザを予防することも肺炎予防につながります。

●肺炎球菌ワクチンの接種について

接種後に摂取部位の腫れ、熱、痛みがおこることがあります。通常数日で改善します。また熱っぽさ、だるさなどの体調変化が起こることもあります。

ワクチンの効果は5年以上持続すると言われています。再接種は5年以上の間隔をあけて接種する必要があります。5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みや腫れが強く出ることがあります。